【755】登坂広臣本人じゃない?ツイッターとの違い検証!

登坂広臣 ツイッター 本人

いま話題の新型アプリ755(ななごーごー)。

三代目J Soul Brothersとトークができると大注目を浴びています。

なんと、そこに登坂広臣くんもいるらしいのです!

でもちょっと待って。

本当に臣くん本人なのかな?

ツイッターの文章と違う気がする…。

実際、そんな噂も同時に流れ始めています…。

結局は臣くんなの?

臣くんじゃないの?

気になるので徹底調査してみました!

スポンサーリンク

755アプリとは

icon-check-circle著名人の「つぶやき」、「グループトーク」をみて楽しむ

icon-check-circle「ヤジコメ」という機能で著名人のつぶやきにコメントができる

icon-check-circleヤジコメに返信がくる可能性がある

といった内容がメインですね。

755(ナナゴーゴー)-新世代トークアプリ- – 7gogo, Inc.

簡単にゆうと、著名人「番宣」→ファン「頑張って、応援してるなどのヤジコメ」→著名人「個人にありがとうなどの返信が来ることがある」。

って感じですね。

臣くん(全体に)『みなさん(番組)みてくれましたか!?』

ファンヤジコメ「(番組)みたよ」

臣くん(個人に)『ありがとうございます!!!』

ファンヤジコメ「かっこいい~」

臣くん(個人に)『ありがとう~!』

ファンヤジコメ「今日誕生日なんです!だから誕生日おめでとうって言ってください」

臣くん(個人に)『誕生日おめでとう!!』

 

といった内容が繰り広げられています。

誕生日おめでとうは羨ましい!!

本人とやり取りができると思うと、今までより臣くんを身近に感じることができてテンション上がりますね。

でも、なにやら不穏な噂が…。

755の登坂広臣は臣くんじゃない!

というものです。

なぜそのような噂が広まったのでしょう。

スポンサーリンク

ツイッターのツイートと755の文体が違う

ツイッターと755を見比べた時に、臣くんの文章の打ち方が違うということで「755は登坂広臣本人ではない説」が広まりました。

まず怪しいとされている根拠は、

『ツイッターで自分のことを「俺」と言っているのに755では『僕』と言っている』

755を意識して見てみると…。

臣くん『僕の場合は音楽とかによって着用するアイテムが変わります。』

たしかに、僕って言ってます!

ん?でもこれはなんとも言えないですね。

例えば目上の人とか、かしこまった場合とか、普段俺と言っている人でも俺から僕、私に変えますよね。

臣くんはこの時敬語で文章を作ってたんだから、「僕」と自分を呼ぶのは普通のことなのではないでしょうか。

 

次の疑惑は、

『ツイッターではビックリマークが全角、755では半角』

これはなんともいえないですね。

同じ携帯から打っていたら文章が変わるのはおかしいし、携帯を2台持っていたり、iPadとかパソコンを使っていたりしたら、設定が違って全角、半角が変わる場合もあります。

う~ん。

臣くん本人が755やってるって信じたいけど、忙しい臣くんにそんな時間あるの?

って疑ってしまう自分もいます。

でも昔からこういうのって本人じゃなくスタッフがやっているっていう噂がありますよね。

芸能人が出版した本は実はゴーストライターが書いているとか、サインもスタッフが書いているとか…。

せっかくの企画ですから、できれば本人がやっててくれたら嬉しいですが、違っていてもあまり気にせず楽しむのが良いんじゃないでしょうか。

ニセモノかどうか気にするんじゃなく、本人だと妄想しながら楽しむ方が得な気がします。

755(ナナゴーゴー)-新世代トークアプリ- – 7gogo, Inc.

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

2 Responses to “【755】登坂広臣本人じゃない?ツイッターとの違い検証!”

  1. jsb より:

    登坂広臣、大好き〜
    うんうん。
    会いたいなー。。。

  2. より:

    臣くん大好きよ~♡

    本人だったら嬉しいなヾ(o´∀`o)ノ

    一回…たった一回でいいから

    会いたいな‥‥。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ